ゲストハウス・イトカワ

境界線のない宿

約20年使われていなかった民宿『糸川荘』を2014改装、ゲストハウスイトカワをはじめました。いなかの在る人も無い人もすべてのゲストに伊豆松崎の実家のような宿を感じて欲しい。と思って運営しています。

海山川の絶景を楽しんだり、自然を満喫したり、気になるドラマや映画のロケ地になった場所を訪問したり、素朴な温泉を楽しんだり、ゴロゴロしてたり…etc

松崎町でゆったりのんびりした時間をゆるゆるとお過ごしください。

共有エリア

他人同士が人生の“ほんの一瞬”を共有する。

ゲストハウスには世界中からゲストが訪れます。地球の人口は現在76億人を越えています。小さな島国のそれも人口6,000人の町にある4室しかない小さなゲストハウスに同じ日、同じゲストハウスに泊まるなんて、本当に奇跡の時間です。
人種や性別年齢、話す言葉がまったく違っても笑顔であいさつしたら、きっとたのしい時間を共有できます。まずは奇跡の出会いにあいさつから始めてください。

キッチン

食材を買い込んで長期滞在も可能。

近くのレストランやお店で松崎の自然がはぐくんだ季節の美味しいものを味わってほしい。
でも食べられないものや制約がある。そんな方にも安心していただけるように台所を用意してあります。
じぶん達で釣ったり、採取したものを調理して楽しんでください。
貸切にして、キッチンイベントも可能です。

マツザキ屋台Barともしび

なぜ屋台?

交通網の整備から、首都圏から簡単に来れるようになってきました。しかしそれは同時に簡単に帰ることができるようになってきたということです。松崎の夜をもっと楽しく。そして夜も楽しめる町にしたいと思ってちょっと懐かしいリヤカー屋台を造ってみました。とりあえず私のソウルフード『しぞーかおでん』をメインで営業しはじめました。でも本当はもっといろいろな美味しいモノを屋台で楽しめたらと思っています。だから日替わり女将さんを大募集中。

屋台では、となりのヒトと近いんです。

地元の人も若い人もお父さんも、そして世界中のゲストの皆さんも、みんなでワイワイガヤガヤ、地域の美味しい食材も楽しめるようにしたいのです。
得意料理やおつまみを出したいヒトはぜひ女将さんやシェフにチャレンジしてください。
年1回でも毎週でも ”おもしろそう!” と思ったら、ぜひご相談ください。
そして松崎らしい夜の楽しみかたをいっしょに創造できたらうれしいです。

©  さとづくり総合研究所 All Rights Reserved.
PAGE TOP